株式会社Cブリッジ

電話画像092-717-3870
2017.06.07

事業承継及び事業承継ビジネスの難しさ

銀行では事業承継サポートはできないと考え(銀行中心の提案になるため)、退職して2年が経過しました。

中々、ビジネスとして立ち上げるのに苦労してます。

私が今、携わるクライアント様は5~15年のお付き合いがあります。

ですが、中々ビジネスにはなっていないのです。

5~15年の永い年月をかけてやっと心を開いていただけて、いろんな事が話して頂ける関係ができるのです。

自分が目指すプライベートバンキングはファミリー企業の成長と経営者ファミリーの幸せがミッションであり、

一番重要な、クライアントとの永年のリレーションシップは事業承継ビジネスに関わる方々より、かなりできているはず。

その経営者様とのリレーションに専門家をつないでいく。

時間はかかります。その分、資金もいります。しかし、辛抱です。

クライアントファーストが最も重要です。

経営者の方も事業承継をどうするか?誰に事業を託していくのか?

ビジネスで忙しい中、考えていかないといけない。後手後手になりがちですが、

これは大変な決断になります。アドバイザーとして詳細を説明し、M&Aしかないなと思いながら、

経営者は親族に承継の可能性を探る。こんな場合でも丁寧な対応を心掛けます。

この段階では、弊社のビジネスにはなりません。でもクライアントに寄り添って、一緒に考える。

これが弊社の理念の一つでもあります。

金融機関、税理士等の専門家に真似できない、リレーションシップが命の心のこもった会社にしたいものです。

そこにニーズがある限り、必ずビジネスとしてできるはずで、

ビジネスするには勝たないといけません。

諦めなければ、多くのクライアントを幸せにできると信じています。

クライアントファーストを花開かせる第3期目にしたいものです。

 

 

 

 


Top